アイティプランターで水耕栽培

薬用植物

2015年9月21日 - 未分類

痛風の薬に、ザイロリック(商品名)、有効成分アロプリノール(allopurinol)が良く使われます。体内での尿酸の産生を抑制し、高尿酸血症を改善することにより痛風発作の発生を予防する、とあります。

googoleで、「アロプリノール 植物」で検索すると、面白い文献が見つかりました。

「現在、痛風や高尿酸血症のための尿酸合成抑制 薬として使用されているのはアロプリノールの 1 種類しかなく、ほかの薬は使用されていない。ア ロプリノールはキサンチンオキシダーゼ(XOD)に 対してヒポキサンチン及びキサンチンに拮抗する ことによって尿酸の生合成を抑制し、血中尿酸値 及び尿中尿酸値を低下させる。また、主代謝物で あるオキシプリノールも XOD 抑制作用を有する。」とあります。

食用植物や香辛料はポリフェノール類などを多 く含みそれによる抗酸化力が強いので、著 者らはこれらを試料として XOD の阻害効果につ いて検討を行ったと言う内容です。

結論は、香辛料では、ローズマリー、クローブ、セージ、 の3種類がそれぞれ 89.8%、97.5%、90.4%と非 常に強い阻害活性を示した。痛風や高尿酸血症のための尿酸合成抑制薬とし て使用されているアロプリノールと試料重量で比較してみると、ローズマリー、クローブ、セージ の阻害活性は約 1/150 であった。

とのことです。試料重量で比較すれば、少ないのは当たり前ですが、毎日、少しづつでも摂取していれば効果がありそうです。

特に、ローズマリーとセージは、アイティプランターで栽培できますし、すごく、長く居座ってくれる品種です。葉っぱをカップに入れて、お湯を入れるだけでハーブティができます。香りづけにラベンダーを入れてもいいし、甘味づけにステビアの葉っぱを入れてもいいですね。いい香りで、すっきりした味わいです。

 

Translate »