アイティプランターで水耕栽培

温度制御ボックス

2017年1月3日 - 未分類

アイティプランターには温度制御機能がありません。そこで、アイティプランターに温度制御機能を付け加えてみました。市販品のカラーボックス(扉付き)の内壁に断熱材を貼り付けて、アイティプランターを入れて、ペルチェで冷却、加熱する仕組みです。

断熱材に囲まれた閉空間にアイティプランターを入れると、アイティプランターのLEDの熱でボックス内の温度が上昇します。そこで、ヒートパイプを使って、アイティプランターのLEDの熱をボックス外に放熱します。

また、ペルチェ制御の時間間隔を数分おきに細かく設定することで、PID制御が滑らかにに安定します。

30分毎に、温度設定値を変化させた場合、階段状に温度変化します。この時に、オーバーシュートが発生します。オーバーシュートを抑えるには、PIDのゲインを下げる必要がありました。

温度設定値の時間軸を補間して、3分毎に温度設定値を変化させるとPIDゲインを下げることなく、滑らかに制御できるようになりました。

 

まだ、作りかけですが、http://hardware.itplants.com に詳細な情報があります。

Translate »