アイティプランターで水耕栽培

Raspberry PiのSSD起動

2018年7月24日 - 未分類

ASU650SS-120GT-Cを購入しました。3,580円でした。micro SD 126GB(3,980円)よりも安価です。

Raspberry Pi 3からはmicro SDなしで、SSDから起動できます。SSDは、SATA-USB 3.0 変換アダプタ(395円)でUSBにしてRaspberry Piに繋ぎます。変換アダプタを入れると、micro SDの方が安いかも知れませんね。

 

SSDから起動する方法

# USBブートを有効にする
echo "program_usb_boot_mode=1" | sudo tee -a /boot/config.txt


# タイムアウトを5秒にする(HDDの場合は多分必要)
echo "program_usb_boot_timeout=1" | sudo tee -a /boot/config.txt

# 再起動(再起動した段階で変更がハードに書きこまれる)
sudo reboot

SD card copierで、micro SDの内容をSSDにコピーしました。コピー完了後に、micro SDを取り外して、電源をいれるとSSDから起動しました。

$ df -k
ファイルシス 1K-ブロック 使用 使用可 使用% マウント位置
/dev/root 114808420 8709392 100224064 8% /
devtmpfs 443728 0 443728 0% /dev
tmpfs 448336 0 448336 0% /dev/shm
tmpfs 448336 6148 442188 2% /run
tmpfs 5120 4 5116 1% /run/lock
tmpfs 448336 0 448336 0% /sys/fs/cgroup
/dev/sda1 44024 22602 21422 52% /boot
tmpfs 89664 0 89664 0% /run/user/1000

たっぷりとディスク容量が増えました。/dev/sda2から起動しているようですね。

/dev/sda2 on / type ext4 (rw,noatime,data=ordered)

 

iozone3の結果は、こんな感じです。

random random bkwd record stride
kB reclen write rewrite read reread read write
102400 4 9642 13326 11701 11430 11474 13085
102400 512 36481 36597 35552 35629 35541 36760
102400 16384 37406 39560 42565 42672 42563 39426

 

次は、このSSDを使って、Mac MiniをFusion Diskにしてみたいと思います。

Translate »