アイティプランターで水耕栽培

MacBookを閉じても動かす

2018年5月31日 - 未分類

MacBookやMacBook Airは、ディスプレィを閉じると、自動的にスリープになります。省エネ設定の、ディスプレィがオフのときにコンピュータを自動でスリープさせない、をチェックしても、稼働中のアプリは停止してしまいます。

ディスプレィを閉じても、アプリを動かし続けるには、InsomaniaXをインストールします。InsomaniaXは、High Sierraでも動作します。

まず、Gatekeeperを止めます。
sudo spctl --master-disable

InsomniaXを起動して、メニューから、disable Lid sleep disable idle sleep をチェックします。

Gatekeeperを動かします。

sudo spctl --master-enable

以上です。

詳しくは、以下のリンクを御覧ください。

 

Uninstalling/Repairing Install

  1. Reboot the machine
  2. Ensure InsomniaX is not running
  3. Enter in terminal : defaults delete com.semaja2.InsomniaX (use net.semaja2.insomniax for InsomniaX 2.1 +)
  4. Delete ~/Library/Application Support/InsomniaX (Use the terminal command “sudo rm -rf ~/Library/Application\ Support/InsomniaX”)
  5. Delete /Applications/InsomniaX.app
  6. If reinstalling download latest version from semaja2.net

 

稀に、Gatekeeperが、ひつこくブロックする事がありました。Disable Lid Sleepがチェックされませんでした。ブロックされているアプリを許可したら動作しました。ちなみに、InsomniaXは、 MacOSXのカーネルを書き換えるものではないそうです。InsomniaXを起動しなければ、通常のMacOSXそのものです。

Translate »