アイティプランターで水耕栽培

ポンプのメンテナンス

2013年12月21日 - 実験装置

ポンプにゴミが入って目詰まりを起こすことがあります。ポンプから水がでなくなると植物は枯れてしまいます。いつもと違って、ちょっと元気がないな、と感じたらポンプの点検とメンテナンスをしてください。ここでは、ポンプのメンテナンスの方法を紹介します。

(1)アイティプランター後部のポンプのコネクターを外します。

(2)ポンプユニットからポンプを外します。

(3)ポンプの底のカバーを外します。

(4)ポンプのエンペラを外します。取りにくければ、ペンチなどで引っ張りだしてください。このエンペラ部分に小さなゴミが付きやすいので、水道水できれいに洗ってください。

(5)ポンプユニットを組み立てます。

(6)ポンプユニットが組み上がれば、アイティプランターに取り付けます。ポンプの吐出口をポンプユニットの穴にカチッと入れてください。

(7)ポンプユニットのコネクタを接続して完了です。フロントSWを3回押して、ポンプから水が出ていることを確認してください。

› tags: ポンプ / メンテナンス /

Translate »