アイティプランターで水耕栽培

Edisonのメモリーを増やす方法

2015年1月10日 - 未分類

Intel Edisonは、USBケーブルでPCに接続すると、800MBのUSBメモリーとして認識されます。しかし、この記憶領域は、Edisonからは見ることができません。OSのアップデートには使えるのですが、ファイルのやりとりには使えません。実に無駄なスペースです。そんな時、こんな記事を見つけました。

Get additional 800 MB disk space

By default the update process works via an extra 800 MB VFAT partition where the new Linux installation files are copied to and which get flashed later on. However, this space is unutilized. Here I describe how to format and use it within the Edison Linux.

  • Eject the drive from your Mac/PC if it is mounted.
  • Issue the following commands as root on the Edison:
// Create a file system
# mkfs.ext4 /dev/disk/by-partlabel/update
// add the following single line at the end of ‘fstab’
# vi /etc/fstab
/dev/disk/by-partlabel/update     /mnt      auto    noauto,x-systemd.automount,,
nosuid,nodev,noatime,discard,barrier=1,data=ordered,noauto_da_alloc 1   1// Another option is to duplicate the line “/dev/disk/by-partlabel/home…” and replace home
// with update, and replace the mount point from /home with /mnt

// These commands will mount the drive and show the new disk space
# mount /mnt
# df -k

/dev/mmcblk0p9          757680       776    701856   0% /mnt

書いてあるとおり実行すると、なんと、/mnt以下に800MBの記憶スペースができました。後は、この領域を、sambaやnetatalkで共有すれば、PCからもEdisonからも見ることができる場所になります。
Translate »