アイティプランターで水耕栽培

ファームウエアの変更箇所

2013年12月31日 - 実験装置

itpOS2.11の変更箇所

  1. 積分温度と積分輝度の保持と表示
  2. ポンプ動作時間の設定は、65535秒(18.2時間)まで入力
  3. 夜間モード切り替えの変更
  4. ポンプの常時動作切り替え
  5. 温度と照度の時間ごとの記録の読出
  6. 栽培プログラムの最大設定数6を24に変更

 

追加または変更されたコマンド

D

積分温度と積分輝度の値を表示する/積分温度と積分輝度の値を0にする

integTemp  1時間ごとの温度の積算値

integIllum    1時間ごとの輝度の積算値

E

ポンプ動作前後で静電容量センサーの値が変化した回数、しなかった回数を表示。テスト用です。

U

ポンプ動作時間の設定は、65535秒(18.2時間)まで入力できます。

y

(変更前)夜間モード切り替え

(変更後)ライトの点灯、消灯の切り替え

栽培プログラム設定時にも、点灯と消灯が切り替わります。

フロントSWを長押ししても点灯と消灯が切り替わります。再びフロントSWを長押しすると元に戻ります。

u

ポンプの常時動作切り替え。ONの時には、栽培プログラムのポンプスケジュールは無視されます。NFT栽培の時に利用します。ポンプを常時動作させると、ポンプの寿命1万時間は、1年ほどで尽きてしまいます。

e

温度と照度の時間ごとの記録の読出し。

e0 とすると、0時の温度と輝度の記録がレポートされます。

e23とすると、23時の温度と輝度の記録がレポートされます。

このコマンドの実行時間よりも先の時間は、前日の時刻の値になります。

電源が切れるとリセットされます。

W

Set  Wn,Start,Cont /Report  Wn

ランプのスケジュールの設定、確認をします。

X

Set  Xn,Start /Report  Xn

ポンプのスケジュールの設定、確認をします。

Y

Set  Yn,Start,Duty /Report  Yn

デュティのスケジュールの設定、確認をします。

削除されたコマンド

i,j,k,lの使わないコマンドを削除しました。k,lはW、X、Yに変更されました。コマンド数を減らさないとPICの動作が不安定になるためです。

栽培プログラムでは、ライト、ポンプ等の設定項目が最大6から最大24に増えています。例えば、徐々に明るくなって、徐々に暗くなるなど、より細やかな栽培条件の設定が可能になっています。

 

ファームウエアアップデートの記事に戻る

› tags: ファームウエア / 変更箇所 /

Translate »