アイティプランターで水耕栽培

高電圧発生装置

2018年12月22日 - 未分類

amazonで、直流3V-6V→400kV送電·ブースト·ステップアップ パワーモジュール
を購入しました。送料込みで350円でした。届くまで3週間かかりました。

単3電池2本をつないでみると、電極間隔5mmほどで火花が飛びました。試しに、爆竹の導火線を電極間に入れてみると、導火線に着火しました。

USB リレーを使って、パソコンから動くようにしてみました。電源は12V ACアダプターの電圧を降圧モジュールで3Vに落としてあります。100均で購入したボックスに無理やり詰め込みました。

1秒間だけ火花を飛ばすpythonコードは、次のようになります。

#!/usr/bin/env python
import serial
from time import sleep
ser = serial.Serial('/dev/tty.usbmodem1A134401', 115200)
ser.write(str.encode("relay off 0"))
ser.write(str.encode("relay on 0"))
print('ON')
sleep(1)
ser.write(str.encode("relay off 0"))
print('OFF')
ser.close()

これで、害獣検出時に、爆竹やロケット花火で追い払うことができるようになりました。ほぼスタンガンと同じなので、使用には注意が必要です。電柵にも使えると思います。

 

 

Translate »