アイティプランターで水耕栽培

modern-deep-learning

2018年12月20日 - 未分類

Mask_CNNやSSDなど、最新の物体認識を試すには、実行環境構築に時間がかかりすぎます。pyenvやvirtualenvなどで実行環境を切り替えるにも限界があります。

そこで、Dockerを使うと、いろいろと簡単です。

https://hub.docker.com/r/waleedka/modern-deep-learning/

必要なライブラリーが一式、入っています。

$ docker pull waleedka/modern-deep-learning

$docker run -it -p 8888:8888 -p 6006:6006 -v ~/:/host waleedka/modern-deep-learning jupyter notebook --allow-root /host

これでjupyter notebookが開いています。ブラウザで、http://localhost:8888 として使えます。

kerasは、2.0が入っているので、SSDは、keras2.0対応のものを入れます。

 

Translate »