アイティプランターで水耕栽培

CO2濃度変化

2018年12月3日 - 未分類

ポリ袋で密封して、光合成によるCO2濃度変化を測定し続けています。

最近、CO2濃度が2,000ppmもの値になっていることに気が付きました。

2,000ppmと言えば、

空気中のCO2濃度

有害ガスが人体に作用する時間

250-350ppm

大気中における通常濃度

250-1000ppm

換気が十分実施されている屋内の通常数値

2000-5000ppm

換気の悪い部屋

頭痛、眠気、倦怠感、注意力散漫、心拍数の増加、吐き気の発生

5,000ppm以上

作業場所としての限界値(8時間-TWA

40,000ppm以上

酸素障害誘発、脳へのダメージによる昏睡、最悪死に至る

なので、まさに換気の悪いところで、水菜が育っていると行った状態です。しかし、植物にとっては、CO2濃度が高いほど、光合成は活発化するはずです。

CO2は、強光下では徐々に上昇していきます。暗期を与えることで、再び、CO2が減少します。

暗期は、少なくとも1時間程度は必要です。中途半端な明るさにすると、CO2濃度は低くなりません。

CO2濃度の減少と光合成が、直接的に関係しているのかどうかは分かりませんが、時々、暗期を与えることで、植物の昼寝を打破して、省エネな植物栽培ができるのではないかと思っています。光合成効率が落ちているときは、照明に使うエネルギーを節約できますし、照明が発生する熱も少なくすることができ、空調費も下がります。

Translate »