アイティプランターで水耕栽培

24時間の変動傾向

2018年7月31日 - 未分類

ITBOX-Sに、O2、CO2、VOFセンサーを付けて、24時間分の変動をグラフ化しました。途中で1度、ITBOX-Sを止めて、扉を開いています。

 

ガス濃度は、ITBOX内の気流や気圧に影響されているようです。O2の変動は小さいですが、CO2の変動が大きく出ています。VOCは、ppgという単位で非常に微量なのでノイズが大きく出ています。

また、まだ台風10号の影響があるのか、気圧にも変動が見られます。気圧が変動すると地上の空気が薄くなり、O2やCO2が少なくなるはずです。O2センサーには、温度センサー 気圧センサーが入っているので、大気圧の影響を補正していると思われます。しかし、CO2センサーやVOFセンサーには、気圧センサーが入っていません。温度センサーが入っているだけです。空気が薄くなった分の補正が必要なのでしょうか?

植物は、つるなし朝顔が入っています。消灯する夜間は光合成ができないので、酸素呼吸をして、O2が減少してCO2が増加すると思うのですが、何故か、夜間のCO2が減少しています。夜間のO2は少しづつ高くなっているような感じですが誤差の範囲でしょうか?

ITBOX内のペルチェに付いているファンによる気流の影響や、ITBOXに流入する外気の 影響があるような気もします。植物が放出するガスを正確に測定するには、外気の流入や気流の影響を防ぐ必要がありそうに思えます。

 

› tags: CO2 / O2 / TVOC / VOC / 気圧 / 温度 / 湿度 /

Translate »