アイティプランターで水耕栽培

Quimat 3.5インチタッチスクリーンディスプレイ

2018年7月15日 - 未分類

amazonで購入しました。3000円台と、結構、お安めです。DVI端子につなげば表示されるディスプレイなので簡単に使えます。タッチスクリーンは、おまけ程度で、カーソルは動きますが、正確な位置をポインティングすることは難しいです。大きなアイコンならクリックできます。

解像度を上げると文字が読めなくなります。800X600くらいが限界です。タッチパネルを使うには、ドライバーのインストールが必要です。

$ wget http://www.waveshare.com/w/upload/3/3d/LCD-show-160811.tar.gz

mkdir work
mv /tmp/LCD-show-160811.tar.gz work/
cd work
tar zxf LCD-show-160811.tar.gz

$ cd LCD-show
$ ./LCD5-show

これで、タッチパネルが動作しますが、カーソル位置が合いません。

sudo apt-get install xinput-calibrator

でキャリブレーションを行います。表示された情報を

sudo vi /etc/X11/xorg.conf.d/99-calibration.conf

でファイルに書き込みます。後は、リブートすれば反映されます。詳しくは、ここを参照してください。

そうそう、ソフトウエアキーボードも必要ですね。

sudo apt-get install matchbox-keyboard

日本語フォントもインストールしてください。

sudo apt install fonts-ipafont fonts-ipaexfont

~/.config/lxsession/LXDE-pi/autostart に、 
@vivaldi-stable
@matchbox-keyboard extended-jis

を追加して、起動時にvivaldiとキーボードが起動するようにしておきます。これに、有線のUSBマウスを差し込んでおけば、そこそこ使えます。

 

 

Translate »