アイティプランターで水耕栽培

複数アイティプランター設定

2015年8月8日 - 未分類

アイティプランターをUSBハブに接続した場合、USBハブで見つかった順番で番号が割り当てられます。この番号は、USBプラグを抜き差ししたり、電源を入れ直したりすると変化することがあります。番号が変わると、どのアイティプランターの制御をしているのか分からなくなり使いにくいので、アイティプランターのシリアル番号が変化しないようにUSB番号を振り分けるようにします。

具体的には、

USBTable

アイティプランターのテーブルの行の順序をドラグ&ドロップで入替えます。Selectボタンを押すと、該当するアイティプランターの青KEDが点灯します。アイティプランターの順序を入替えて、思ったような順番で操作できるようにします。

1度、設定しておけば、電源を切っても、USBプラグを抜き差ししても、同じ指定番号で、正しいシリアル番号のアイティプランターを操作できるようになります。このテーブルの設定値で操作する場合には、sendcomではなく、psendcomを使います。psendcomは設定したセットアップテーブルでアイティプランターの指定番号を処理します。

 

Translate »